建設キャリアアップシステムとは? 制度の仕組みや技能者・企業へのメリットは?

 2019年4月、国土交通省は建設業界団体とともに建設業に従事する技能者に向けて“建設キャリアアップシステム”という新たな制度をスタートしました。

 この制度は、建設業界の最大の課題である人材確保への対応をはじめ、現場で働く技能者のスキルアップや処遇改善を図ることを目的としています。


 本記事では、建設キャリアアップシステムとは何か、労働者・企業にとってのメリットについて解説します。

目次

1.建設キャリアアップシステムとは?

2.建設キャリアアップシステムの目的

3.労働者・企業にとってどのようなメリットがある?

3.1.労働者にとってのメリット

3.2.企業にとってのメリット

4.建設キャリアアップシステムの利用手順

4.1.技能者・企業情報の登録

4.2.カードの取得・現場情報の登録

4.3.システムによる蓄積

4.4.システムの利用料金(登録料)について

5.まとめ



建設キャリアアップシステムとは?

 建設キャリアアップシステムとは、統一したルールに基づいて技能者の職務履歴や保有資格などをシステムに蓄積し、技能者の処遇改善や技能の向上を図る制度です。2019年4月より本格運用が始まり、初年度で約100万人、5年ですべての技能者の登録を目標に、官民一体となって取組みが進められています。


出典:国土交通省『建設キャリアアップシステムの構築


建設キャリアアップシステムの目的

 現在の建設業界は慢性的な人手不足、さらには労働者の高齢化などが大きな問題となっています。しかも、建設業で働く労働者は異なる現場で経験を積んでいくため、個々の能力や技能を統一的に評価するのが困難です。技術や管理能力の向上といった一定のスキルアップをしても、その能力が処遇に反映されにくいという現状もあります。  若年層の人材を確保してできるだけ長く働いてもらうためには、正当に能力が評価され、ステップアップできる体制を確保することが重要です。  建設キャリアアップシステムは、こうした課題を解消し、個々の労働者が持つ能力と経験に応じた正当な評価が受けられる労働環境に整えることを目的としています。処遇改善やスキルアップを図れるシステムを構築することで、将来のキャリアステップが描ける、働きがいのある業界へと変わることが期待されています。


労働者・企業にとってどのようなメリットがある?

 建設キャリアアップシステムを導入することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。労働者と企業の視点から見たメリットは、次のとおりです。


労働者にとってのメリット

 労働者にとってのメリットには、以下があります。

  • 一人ひとりの技能や経験を客観的に蓄積できる

  • 経験や技能に応じた処遇を実現できる

  • 取得した資格や経歴を簡易に証明できる

  • キャリアのステップアップの目標になる

 建設キャリアアップシステムは、労働者の職務経歴やこれから行う業務、保有資格などの情報を、ICカードを通じてシステムに蓄積します。技能や経験を客観的に可視化されるため、正当な評価につながり、一人ひとりに応じた処遇を実現できます。  また、企業と資格や経歴などの情報を共有できるため、自らの能力・スキルを証明するツールとしても活用できます。能力が高く、経験豊富な人材と評価されれば、就職活動にも有利に働くでしょう。  そして何より、客観的な視点で正当な評価が行われれば、労働者のモチベーションにつながります。自分の経験や技能が適切に評価されることで、少しでも技術やスキルを磨こうという気概が生まれるでしょう。キャリアアップの目標になることも期待されています。


企業にとってのメリット

 企業にとってのメリットには、以下があります。

  • 雇用する労働者の能力レベルを客観的に把握できる

  • 煩雑な書類作成事務の労力やミスを削減できる

  • 建設業退職金共済制度(建退共)関係の事務を効率化できる

  • 優秀な人材を確保することで受注機会の拡大が期待できる

  • 労働者の適正な評価によって離職防止につながる

  • 社会保険加入状況の確認を効率化できる

 採用時に労働者の経歴や技術を参照することで、自社に合った人材を確保しやすくなります。優秀な人材が確保できれば、取引先からの信頼性が高まり、受注機会の拡大も期待できるでしょう。事前に求職者の能力を把握できれば、適正な処遇・待遇が可能になり、採用ミスマッチの防止にもつながります。  さらに、労働者を適正に評価することは、社会的信頼性の向上、労働者の会社に対するロイヤリティ向上が期待できます。採用活動の促進や離職防止にも有効といえます。  また、本制度は企業側の業務効率化にも貢献します。システム上に労働者の基本情報が登録されているため、書類作成や管理業務の労力・時間を大幅に削減可能です。システム内で建退共関係の事務や社会保険加入状況の確認といった煩雑な業務を簡略化します。

建設キャリアアップシステムの利用手順

 ここでは、建設キャリアアップシステムの利用手順を解説します。

1技能者・企業情報の登録

 まずは、技能者や企業情報の登録を行います。  申請は、インターネット・郵送・窓口から可能です。

■技能者が登録する情報

【必須項目】

  • 本人情報(氏名、生年月日、住所、連絡先など)

  • 所属事業者(事業者名、所在地、雇用形態など)

  • 社会保険等加入状況(社会保険、建退共、労災特別加入など)

  • 建退共手帳の有無 など

【推奨項目】

  • 保有資格(技能士、登録基幹技能者、技能講習など)

  • 研修・表彰履歴(職業訓練、団体・個社実施の講習、建設マスターなど)

  • 健康診断受診歴の有無 など

■事業者が登録する情報

【事業者情報】

  • 商号、所在地

  • 建設業許可情報

  • 資本金

  • 建設業の種類

  • 社会保険加入状況 など

【現場情報】

  • 現場名、住所

  • 工事内容

  • 元請事業者名 など

【施工体制】

  • 自社に所属する技能者の情報

  • 下請次数 など



2カードの取得・現場情報の登録

 技能者がシステムに情報を申請すると、ICチップが内蔵されたカードが交付されます。カードは能力評価基準に応じてレベル1~4、ホワイト・ブルー・シルバー・ゴールドの4つに振り分けられます。レベルの判定は事業者が本人の同意のもとで行い、経験やスキル、マネジメント力などが評価されます。


3システムによる蓄積

 技能者は、現場入場の際にICカードをカードリーダーにかざすことで、就業履歴が自動的に蓄積。現場の工事内容や施工体制、労働者の立場などについては、事業者によって登録されますが、どの現場でも共通のルールです。  技能者が自らの情報を閲覧することはもちろん、事業者は技能者や他事業者が同意した範囲内で、「いつ、どこで、どの事業者で、どのような施設を、どのくらいの期間」就業したのかを閲覧することも可能です。

システムの利用料金(登録料)について

 システムの利用には、技能者と事業者それぞれに登録料が必要です。  それぞれの登録・利用料金は以下となります。

■技能者の登録料

  • インターネット申請:2,500円

  • 郵送・窓口:3,500円

※早期割引・60歳以上は特別措置あり


■事業者の登録料・管理者ID利用料

【事業者登録料(5年毎)】

  • 資本金に応じて6,000円~240万円

  • 一人親方以外の個人事業主は一律6,000円

  • 一人親方は無料

【管理者ID利用料(毎年)】

  • 1IDあたり11,400円


■現場利用料

  • 1人日/1現場あたり10円


 事業者がシステムを利用する際は、事業者の資本金に応じた登録料が必要になるほか、管理者IDの利用料の負担が必要です。元請事業者や上位下請事業者等の代行申請も可能となっています。なお、カードの有効期限は10年のため、継続する際は再登録が必要です。


出典:国土交通省『建設キャリアアップシステムについて』/建設キャリアアップシステム運営協議会事務局『10月からの制度改正のお知らせ


まとめ

 建設キャリアアップシステムは、建設業で働く労働者一人ひとりがどのような技術や資格を持ち、どの現場で就労したかといった情報をシステム上に蓄積できる制度です。  「能力や資格があっても処遇が変わらない」「将来のキャリアに不安がある」など、賃金やキャリアアップの問題を改善して、安定かつ優秀な人材確保につなげることが目的とされています。  システムの導入により、技能者の経験やスキルを客観的に把握できるため、能力に応じた適正な評価が可能となります。高齢化・若年層の人手不足が課題となっている建設業界において、若手人材の採用促進や離職防止に有効となるでしょう。  また、建設業の人手不足に対応するためには、現場の効率化も不可欠です。受発注者間のやり取りをオンライン化する情報共有システムの導入や、作業現場のIoT化なども視野に入れるとよいでしょう。

土木現場におけるIoT活用については、こちらの記事をご参照ください。

IoTで土木業界の現場を改善を改善

カエレルの詳しい紹介はこちらから!