【藤原のぼやき】#14 費用80%減!?3次元測量アプリをご紹介!


目次

1.第3回建設・測量生産性向上展に参加してみて 

 1.1.「OPTiM Geo Scan」(オプティム・ジオ・スキャン)

2.ツツガムシとの死闘

 2.1.ツツガムシとは

 2.2.河川維持工事(堤防天端補修・高水敷伐採)



3回建設・測量生産性向上展に参加してみて 

 前回のブログ(第3回 建設・測量生産性向上展に参加してきました!)に記載した通り、第3回 建設・測量生産性向上展に参加し、多くのお客様が「カエレル」ブースにご来場してくださり、カエレルについてご紹介させていただく中で、お客様の貴重なご意見を伺うことも出来ました。


 そして現在たくさんのご相談をお受けする機会をいただいています。

 更なる成長につなげていかなければならない。写真管理をベースにした働き方を基本にしているが、それ以外の出来形管理、施工計画書作成、設計変更等の支援も手掛けていかなければならないと考えている。


 同じ土木でも分野は広範囲で、経験も知識もない分野もある。これらを経験できるチャンスにも恵まれ自身の成長のチャンスと考え対応させていただきたいと思う。


「OPTiM Geo Scan」(オプティム・ジオ・スキャン)

 同じく第3回 建設・測量生産性向上展に参加していた企業OPTIM様が気になった。


 松尾建設(佐賀市)と共同で、スマートフォンやタブレットを測量したい対象物にかざすだけで高精度な3次元データを作成するアプリ「OPTiM Geo Scan」(オプティム・ジオ・スキャン)を開発した。


ドローンやレーザースキャナーによる3次元測量を外注した場合と比べて、費用を80%以上削減できる。
(中略)
測量する人に専門的な知識は必要ない。スマホやタブレットを対象物にかざしながら、周囲を歩いてライダーでスキャンするだけでよい。スキャンする際には小型のレシーバーを持ち運ぶ。レシーバーを任意の場所に設置してスマホなどで捉えると、正確な座標を取得できる。測量の計測誤差を50mm以下に抑えられる。


(出典元:OPTiM Geo Scan | スマホで高精度3次元測量)

 これまで小規模な現場では、光波測量を採用する頻度が高かった。800㎡程度の現場だと、トータルステーションの操作と測量用のポールの設置で作業員が2人必要だった。オプティムなどが開発したアプリを使えば1人で測量できる上に、測量時間を従来の半分以下に減らせる。

 測量で取得したデータを使えば、CADソフトで3次元設計図などの作成や納品が可能だ。今までICTの導入が遅れていた小規模な現場では、ICT土工を前提とした施工計画などを作成できるようになる。


 オプティムの計算によると、ドローンやレーザースキャナーを使った3次元測量を外注する場合、1万㎡未満の現場で40万~50万円かかる。一方、アプリの測量では1現場当たり約6万7000円だ。外注せずに自社で機材をそろえるには、数百万円もの初期費用が必要だった。対して、スマホとレシーバーは合わせて20万円程度で済む。





 坂田ゼネラル・マネージャーは「今後、LiDARを搭載するスマホの機種は増えていく。観測の精度が上がれば、作成する3次元データの品質も向上するだろう」と予測する。

(参照元:https://www.optim.co.jp/


 先週、CPDS講習に参加したが、どの会社もドローンを使用したICTは必須になっているようだ。これからはどんなに小さな現場でも使用され省力化されていくだろうと思う。


ツツガムシとの死闘


ツツガムシとは

 

 今の時期になると思い出すのは、ツツガムシ病だ。ほかの地方の方はご存じ無いかもしれないが、私の地方では知らない人はいない。



 河川流域では昔から、この感染症に苦しめられてきた。子どもや農作業をする農民らが高熱に苦しみ、命を落とした。河川敷や草むらに生息するツツガムシがもたらす病だったが、長く、原因は不明だった。祠(ほこら)や地蔵を建て、この疫病の退散を願い、祈りをささげたりしていた。


かつて多くの人が命を落とす原因となったツツガムシは、いわゆるダニの一種だ。ツツガムシ科の節足動物で、漢字で「恙虫」と書く。つつが虫病は草むらなどで、病原体(リケッチア)を持つツツガムシの幼虫に吸着されると感染する。

(引用元:つつが虫病 東北に伝わる疫病退散の祈り



 自分の知識では、雄物川上流と信濃川にしかいないと思っていたが、そうではなかったようだ。


 秋田県の県南、湯沢市や横手市などの雄物川流域には今でも、「ケダニ地蔵」や「ケダニ神社」「ケダニのお堂っこ」などが多く残る。この病にかからぬよう、ケダニが悪さをしないよう、庶民が祈って建立した。とりわけ、つつが虫病の被害が大きかった湯沢市の弁天地区には大きな地蔵堂が立っている。



 説明は以下を参考にしてみてください。


あきた(通巻84号) 1969年(昭和44年) 5月1日発行 -全64ページ- (akita.lg.jp)


河川維持工事(堤防天端補修・高水敷伐採)


 国交省の河川維持工事をやっていたので、毎年やるのは堤防天端補修、高水敷伐採である。高水敷伐採はアカシアや柳の伐採、そして伐根し最後は整地である。


 高水敷でもいつも水が溜まっているところ、ジメジメしているところは生息地であり要注意だ。ある年に本当に危険なところの伐採を仰せ付かった。やってみて危なかったら止めてもよいとのことだった。調査に入った時でやばいなとは感じたが、やるしかないだろうと作業に取りかかった。


 案の定、作業開始2日目に作業員2名が刺されてしまった。


 刺した相手が鬼ツツガムシと言って、毛穴と反対に肌をさすると棘が刺さったように痛いのでわかるものだ。風呂に入って確認するとわかる。作業しているときに毛穴に入り込み、汗が引くのに乗じて入り込むのである。


 すぐさま、ケダニ先生といわれている大辻先生へ直行。メスで切り取っていただき、その後熱が出なければ良いよと言われた。顕微鏡で見せていただいたが、まさしくケダニだった。次の日はその子を休ませ様子を見て、熱も出なかったので復帰させた。そしたら同じ作業員がまた刺された。

 どうも好きな匂いがあるのではないか感じてしまった。

 

 出張所長もやめようかと言っていたが、伐採して日差しが当たるようになれば何とかなるんじゃないだろうかと思い進めていった。そしてなんと、状況写真等を撮影していた自分も刺されてしまった。風呂に入っていたら脇の下が痛い。やられたと思い次の日先生の所に行ってメスで取っていただいた。こすってしまったせいか、虫の手足が取れてなかった。累計で5人刺されてしまったが、何とか予定面積の伐採を終わらせることができた。伐根はレーキドーザで行ったが、伐採前にレーキである程度倒木させておくのも手だったなあと感じたのを覚えている。



 最近は川で刺されたとの話はほとんど聞かなくなったが、山で刺されたりしたとのニュースがあったりする。山菜取りの後は注意したほうが良いだろう。


 そういえば、雄物川河川公園(雄物川) | 横手市 (yokote.lg.jp)も建設前はツツガムシがいて、かなり注意しながらの作業だった。


 カエレルの詳しい情報はこちら




藤原 吉一(ふじわらよしかず) 1953年生まれ 秋田県出身 58歳の時に、転職を決意。どうせなら人生最後の会社は面白いところに行こうと。秋田を離れ、岩手の会社を受験。2社からは履歴書の「58歳」ということで断られ、小田島組を受験。社長の「この人は面白そうだから」という理由で、入社。入ってすぐに既存社員とぶつかり「前の会社ではこんなことやったらおかしい」とクレームを言うが、社長から「お前はその会社が嫌でうちに入ったんだろう。だったら、その会社のことを言うのはおかしいだろ」と言われ「確かに」とうなづいたというエピソードも。その後も、お客様を指さして社長からしこたま怒られたり、遠く沿岸の現場で同郷の社長と喧嘩したりと、破天荒な会社生活を送る。最後の仕事は、自分が東京の会社に就職したときにやった同じ仕事を、山梨で施工するというあり得ない偶然が。現在は、秋田からテレワークで、会社の施工管理の書類づくり。1歳の孫とともに、悠々自適な生活を送る好々爺。